◇◇◇休みはどう過ごす?◇◇◇
戦士にも休息は必要よね。もちろんラーメン屋さんにだってお休みはあるはず。自分一人のリラックスタイム、家族と過ごすひととき、意外な趣味の時間等々。厨房の中ではラーメン屋のオヤジとしか言いようのない大将の、知られざる休日とは!?
ラーメン屋の親父の休日といっても、スープの火入れ(*注)があるんで、一日くらいの定休日じゃ、ゆっくりできないのが現実。それでも、ちょっとした時間を見つけては好きなことやってます。
はじめのうちは、なかなかしっかりと休日を取れないというのが現実かもしれませんね。むしろ仕事に夢中で、他のことなど考える余裕はないかもしれません。
ゆくゆくは信頼できる従業員を育てて、自分の時間をとるということも必要でしょうが、それはずっと先の話でしょう。
この仕事は人に使われるのではなく、自分自身が経営者なのですから・・・。
(*注)休日のスープの火入れ
例えば月曜日定休日だとしたら、そのスープは日曜日に営業しながら(実際は仕込みもあるので、日曜営業前から)作る事になります。日曜の営業終わって、月曜休みで、そのままほったらかすと、スープは腐ってしまうのです。なので必ずお店が休みでも火を入れてやる必要があります。
寸胴は200リッターくらいのヤツなんで、夏場でも沸騰するまで1時間以上、冬場だと3時間くらいかかる時も・・・・
精魂こめて何時間もかけて作るとんこつスープならではの作業かもしれません。
実際、業者への支払いや、店で必要なモノ(業者が持ってきてくれないモノ)を揃えたりと、定休日といえども休みにはならないのが現状です。
目次へ戻る 次のページへ