宣伝および集客
どんなに繁盛している店であっても、何の販売促進努力をしなければ、少しずつ常連客が減ってしまいます。新しく開店するライバル店などに、お客を取られてしまうことも考えられます。そうはいっても、駅前で大量のチラシや、ティッシュペーパーを手渡したり、DMを発送したりするには、費用がかかります。ましてテレビ、ラジオのコマーシャル等、夢のまた夢でしょう。だからと言って全くやらないと言うわけにはいきませんから、商圏範囲に限っての新聞折り込みちらしやなども、時には必要ではあるでしょう。しかし、かなりの費用をかけて宣伝しても、思った程の効果が上がらないと考えておいた方が良いでしょう。販促不要の店などありませんが、お金はなるべく使わずに知恵を使うようにしましょう。
例えば、店頭の看板やネオンサインを有効に利用する。店頭の広告も、人目を引く書体やデザインにする必要があります。特に地域に密着したタイプの店の場合には、みんなで知恵を絞り、小さな工夫とこまめな努力で大きな効果を上げる事ができるのです。
また、こうしたインターネットを使って宣伝に成功しているラーメン店もそろそろ耳にしてきました。当然本当においしくなければダメなのですが、立地に恵まれない店舗でも意外と大きな商圏を持つ事も可能なことになります。
いくら宣伝に成功しても、来ていただいたお客を逃がさない事が大切です。固定客、常連客をつかみましょう。まず、初来店の時に好印象を与える事が大切です。2度目に来た時には、さらに印象を強める事です。「前回は○○○を注文されましたね。」など、親しみを込めて話しかけ、客の顔を覚えていることを相手に示すだけでも随分ちがいます。そこでお客と様々な会話ができたらしめたものです。お客と商品を間にしたコミュニケーションができたら、半分固定客をつかんだようなものです。
またそういったお客の店に対する好印象は、これは予想以上のスピードで「口コミ」という波及効果をもたらします。
前のページへ